シェービング法のわきが治療とは?

特殊な器具でワキガの臭いの原因であるアポクリン汗腺を取り除く「シェービング法」は、傷跡が小さくて効き目が高い治療法です。ワキガの原因のアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を取り除くため、再発の心配はありません。脇の下育毛部に近い部分を少し切開して、その部分から特殊なシェーバー付カニューレで皮下のアポクリン汗腺を取り除いていきます。また毛根処理を行うため、脱毛効果も期待出来る点が特徴です。

気になる臭いも洋服の汗による黄ばみも殆どなくなります。何より施術時間が30分~1時間程度で、手術が終わったら日帰り出来る点も忙しい人に嬉しい方法です。おすすめなのはワキガの程度が軽度~中度の人。手術したことを誰にも内緒に出来ることも嬉しいですね。

シェービング法の費用の相場


シェービング法も自由診療です。病院によって費用は違いますが、多くの病院は料金表を公開しており、シェービング法の費用を比較することが出来ます。術例数の多い上手な医師にしてもらいたいと思うのは皆同じことです。費用にアフターケアも含まれているか確認しましょう。

安全性や後遺症など


手術後はやはり腫れます。それほどひどくはないものの、術後2、3日は筋肉痛程度の痛みがあります。固定除去の際に処置を行って腫れを取り除きますが、腕やわきの下に内出血が現れることも有ります。また術後は皮膚を脂肪層に密着させるために固定をする必要があるため、暫く運動制限があります。内出血予防のために圧迫させることが必要だからです。仕事でも体を動かす場合、重いものを持つ場合は3、4日仕事を休む必要があります。

1週間程度で抜糸を行うので、術後は抗生物質や痛み止め、胃薬を服用するように言われます。傷跡の完治には1ケ月程度かかりますが、切開法に比べて簡単な方法ではありますが、効果を言えばワキガ経度の人に向いた手術法です。中度以上の人は効果があまり見込めないので、医師としっかり話し合いましょう。