手術
ワキガの手術をするなら、どんな手術をするのか、そして費用や成功、失敗する可能性など知っておきたい事はたくさんありますよね。最新のワキガ治療の種類などもまとめておきましたので、是非チェックしてみて下さい。

ワキガ手術の費用はいくらぐらい?


ワキガ手術の費用は種類にもよりますが、切るワキガ手術の剪除法ですと、大体30万円〜 超音波を使ったワキガ手術ですと35万円〜と、手術の種類によって異なってきます。詳しくみていきましょう。

剪除法


一般的なワキガ手術です。ワキの下を切ってアポクリン腺を切り取っていく手術です。
健康保険が適用になるので、手術費用は3割負担で約4万円程度と考えておくといいです。

超音波法


超音波を使ったメスで、振動によってアポクリン腺を壊していきます。そして破壊したアポクリン腺を吸引して取り除く手術です。
費用は、8万円〜30万円ほどです。

皮下組織吸引法


主に美容外科で行われている方法です。脂肪吸引と同じ要領で、ワキ下にメスで入り口を使って吸引機でアポクリン腺を吸引していく方法です。
クリニックにより差がありますが、おおよそ15万円~25万円程度です。

皮下組織削除法


これはワキ下にメスで入り口を使って、そこから特殊な器具を使って、アポクリン腺を切除していく方法です。
費用はおおよそ30万円ぐらいです。


ワキガ手術の失敗する可能性について


ワキガ手術は、手術の内容によっては、失敗(例えば、火傷、皮膚壊死、皮膚に穴があいてしまう、アポクリン腺が残って、ワキガが再発してしまう)があります。

どの治療を選んでもリスクはついてしまうため、医師に念入りに相談をする事が重要ですね。成功する確率は、統計として出ていないのですが、アポクリン腺の範囲、多さで手術の難易度は大きく変わります。ですので、病院は慎重に選ばないといけません。選び方としては、傷跡が残る手術をするか、残らない手術をするか、あとは費用で保険が適用されるものを選ぶか。この辺がポイントになってきますが、最初は複数の病院の情報を比較してみるといいでしょう。


術後の傷跡や痛みはどんな感じ


手術の方法や程度にもよりますが、術後、1週間程度は、ジンジンするような痛みが続くと思っておくと良いと思います。アポクリン腺をきったり、超音波の振動を使って壊していくというのは、やはりそれなりの負荷をかける事になりますね。


入院日数は何日ぐらい?


手術の種類にもよりますが、ワキガのみだと日帰りで手術してくれるところが多いです。