ワキ汗
ワキガで悩んで色々調べていると、「アポクリン腺」に原因があるのがわかり、どうにか減らしたいと思いますよね。アポクリン腺を物理的に「減らす」のであれば、それは切除をして摘出する手術を受けるしかありません。ですが、手術となると、費用や、傷口、後遺症など気になる事もあると思います。ですので今回は減らす方法だけでなく、アポクリン腺から汗の分泌を出来るだけ抑えるにはどうしたらいいか、という事についても解説をしますね。


アポクリン腺を減らす除去手術とは?


最初に書いた通り、アポクリン腺を物理的に減らすには、手術をするしかありません。ただ出来るだけ自分でなんとかしたい、と思ってしまいますよね。

久美先生久美先生

実際のところ、アポクリン腺切除して除去していく手術をと病院にいったとしても、アポクリン腺の切除をするのは、アポクリン腺が多いと、医師が判断した場合のみです。この判断は試験切開という事を行います。アポクリン腺が多いとわれる、脇の下やスソガの場合は、陰部の毛ののある部分を試験的に軽く切開をして、確認を行います。この試験切開で、アポクリン腺が少なかった場合は、ワキガではないため、手術はされないのです。




アポクリン腺からの汗の分泌を抑えよう。


アポクリン腺は、成長とともに活発になっていきます。思春期頃の多感な時期から、性的な興奮が強くなると交感神経が活発化されてアポクリン腺を刺激し、強い臭いを放つようになります。この汗の分泌を抑えるには、何が必要なのか解説します。

そもそも汗を抑える


汗を抑えるというのは、これは体質改善という部分に繋がります。例えば、肉類、乳製品中心の食生活の方は、どうしても汗の臭いが強くなりがちです。ですので野菜を意識的に食べる、グリーンスムージーなどを飲むといった事を行う事で、汗の質を改善していく事が出来ます。

菌の繁殖を抑える


ここでおすすめなのは、ワキガ用のクリームの使用です。汗に雑菌が繁殖して臭いが広がるのですが、アポクリン腺から出る汗というのは、雑菌がつきやすいんですね。 ですので、クリームでしっかり殺菌を行う。


ワキガクリーム人気ランキング10個を調査した結果


スプレーだとどうしても、持続力が短いのですが、クリームなら、効果が長いので、ワキガの雑菌をおさえるには最適です。

発生したニオイを、消臭する


クリームをしていても、不安感のある方もおられると思います。また、夏の暑い日などはどうしても汗をたくさんかいてしまいますよね。こういう時に、スプレーが一番です。スプレータイプのものには、正直アポクリン腺の汗を抑制する効果はあまりありません。ですが、消臭をする事は可能、さっぱりとしたサラサラするスプレーがおすすめです。

かいた汗を吸収し、ふきとる


これは急に汗をかいた時スプレーなどを使えない状況で、汗のふきとりシートなどを使うぐらいがちょうどいいです。シートタイプですと、どうしても持続力や、使用範囲が限られていますので、緊急という感じで使うのがいいですね。


これら4つで、アポクリン腺を減らさずとも、汗を抑え、ワキガ臭の心配をしなくても済むようになります。