良いにおい
女性の多くは自分の体臭に気を使っていることでしょう。清潔なイメージのために、体臭を予防することはとても大切なことです。そしてできれば体臭を予防してさらにいいにおいがするようにしたいと思う人もたくさんいます。デパートやドラッグストアの化粧品売り場に、女性向けのコロンや香りつきのデオドラント剤が多く並べられているのもそのためです。では、体臭をいいにおいにするための簡単な方法には、どんなものがあるのでしょうか?

食べ物と体臭


食べ物と体臭には深い関わりがあります。肉類などの動物性脂肪が多いものばかりを中心に食べていると、皮脂が増えます。皮脂が過剰に分泌されて酸化すると体臭が強くなってしまいます。また、腸内環境が乱れて便秘がちになると腸内で有毒物質が増え、血液に溶け出して体内を巡ります。そして汗や皮脂となって外に出て臭いを発することになります。
体臭をいいにおいにしたいと思ったら、まずは食生活を見直してみましょう。

良い臭いにする食生活



トマトに多く含まれるリコピンや緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンには、体内の脂質が酸化するのを抑える働きがあります。また、食物繊維や乳酸菌を多く摂ると腸内環境が整うため、便秘の解消になり有毒物質が増えることを防げます。食べ物に気をつけるだけでも体臭を抑えることができるのです。

運動不足で汗をかかない生活をしていると、汗の中に乳酸が増えてしまい、夏場などに少し汗をかいただけでも臭いが強くなってしまいます。普段からウォーキングなどの有酸素運動を習慣にして、適度な汗をかくような生活を送りましょう。

ボディクリームもおすすめ


香水ほど強い香りを好まない方は、ボディークリームを使ってみるのもひとつの方法です。ボディクリームは優しい香りが長続きするので、食事の席などでも違和感なく過ごすことができます。また、香りの良いシャンプーで髪をよく洗うのも簡単な方法です。シャンプーの香りは洗い流してもきちんと残るので、シャンプー剤が頭皮に残らないようにしっかり流すようにしましょう。