ワキ脱毛
電気脱毛でわきが治療とは?

その昔、脱毛を行うと言えば電気脱毛、針脱毛が当たり前でした。痛くて危険も伴うものでしたが、絶縁針脱毛が出来て安全な脱毛が出来るようになりました。この方法では脇の毛根にあるアポクリン汗腺部分を電気凝固する施術を行うので、アポクリン汗腺の一部も同時に破壊することが出来ます。脱毛で毛が無くなり、毛穴の奥のアポクリン汗腺も皮脂腺凝固によって治療することで、ワキガの治療にも一定の効果があがっています。これにより汗の量が多い人やワキガが気になる人も軽減されています。さらに永久脱毛が可能で女性に人気のワキガ治療です。

費用の相場


自由診療のため各美容外科、皮膚科、クリニックなどで違いがあります。針はB型肝炎などの感染症の問題も有り個々の患者に購入してもらうシステムを取っている病院もあります。それぞれの毛の多さや濃さによって範囲に違いがありますが、一度施術を行うと1年間や2年間の保障がついている病院も多く、アフターフォローが万全な病院で施術を受ける方が良いでしょう。ただし、メインはあくまでも脱毛なのでワキガが完治すると言っている病院は少し不安です。治療後にトラブルにならないためにも、無料のカウンセリングを受けて、費用に追加が無いのか、アフターケアはどこまで行うのかなど、調べておく必要があります。

安全性や後遺症など


絶縁針を使って確実に毛乳頭を破壊する脱毛で、永久脱毛と言えるものですが、それだけに高い技術力を要します。治療実績と口コミなどの評判も調べておく方が良いでしょう。また脱毛した後数日は腫れが続きます。針を通している間に動けば火傷をすることも有るので動かずに治療を受けましょう。

針を毛穴に通して行う治療なので、個人専用の針を使う、衛生面が管理出来ているなど徹底した管理が行き届いている病院を選びましょう。また直後には肌に赤みが出たりヒリヒリとした痛みがあります。このため、赤みがあるうちは、直射日光に当てない、施術当日の入浴と飲酒は避けるなどの注意も必要です。