自己臭症
自己臭症改善したいなら

日本人は世界一臭いに敏感だと言われています。少しでも異臭がすると臭いの原因を探してしまいませんか。そして、自分がその原因ではないかと考えませんか。「自己臭症」とは自臭症とも呼ばれる症状です。

人が自分のことを「クサイ」と思っていると思いこむことです。このため、常に頭の中には臭いことがあるので常に制汗剤や制汗シートで汗や臭いを抑えようとする、最悪には対人恐怖症になってしまう、精神的疾患の一つとも言えるでしょう。

自己臭症改善したい、その原因は?


このきっかけは人それぞれです。だた、きっかけがあって「自分がクサい」と思い込むことに至り、それが思い詰めるほどになって症状が発症するのが特徴です。面と向かって「クサい」と言われた経験からトラウマになったという人もいます。そもそも日本人は世界中のどの国の人より臭いに敏感で、清潔であることが当たり前になっています。欧米人のように体臭が臭う人はほぼいないのですが、少しの臭いでも敏感な気質が自分への不安感になっているように思えます。

チェックする方法は?


自分が自己臭症であるか、チェックする方法は簡単です。気が付けば「汗臭い」と考えている。人と話していても常に自分を臭いと感じていないか考えてしまう。何度も着替えたり消臭スプレーや制汗剤を使用している。などの行為があるか、ないかです。夏の暑い時や前日の食事が原因で考えるときもありますが、毎日同じように思うなら「自己臭症」であると思えます。

改善する方法


自分はクサいのだと思い込んでいることから、自己臭症は始まっています。この強迫観念を払拭しない限り、不安感は続きます。症状は個々に違いがありますが、心理的なもので人前に出ることも嫌になるのであれば、心療内科や精神科で診断してもらうことも緩和につながります。「クサくないよ」と言ってもらえることが安心にもつながります。家族や友人に悩んでいることを話すことも症状緩和の糸口になります。抱え込まないように早めの措置がお薦めです。