わきがに悩んでいる人は実はわりとたくさんいるものです。特に夏などは汗をかきやすいため、わきがのにおいが気になって不安になることも多いことでしょう。

そんなわきがですが、本当に汗をかく季節がいちばん臭うのでしょうか?わきがは、いったいいつ臭うのでしょうか?
ここでは、わきがはいつ臭うのか、その時期や条件などについてお話していきます。

わきが臭う時期はいつ?


アポクリン腺という汗腺から出た脂肪やたんぱく質を含んだ汗がにおいを発してしまうわきがは、どうしても汗をかく季節にはにおいが強くなってしまいます。ただ、汗をダラダラかくことがないといっても冬場の寒い時期でもわきがの臭いがすることがあるのです。

冬は当然ですが寒い日が続くので、誰もが厚着をしますよね。最近はより保温性が高くなった化学繊維の下着も増えています。化学繊維の下着は確かに暖かいのですが、通気性が悪く蒸れやすいというデメリットもあります。

わきがの人がこの種の下着を身に着けて暖房の効いた部屋などで過ごすと、うっすらと汗をかいてしまい、においが発せられてしまうことがあります。保温性の高い下着を着ていない時でも、あまりにも暖房を強く効かせすぎた部屋や電車の中で過ごす時には注意が必要です。

冬は案外汗をあきやすい


更に、冬は寒いので体温を上げようとして基礎代謝量が上がります。その状態でいると少し動いただけでもじんわりと汗をかきやすくなります。夏のように目立った汗のかきかたはしませんが、実は冬もかなりの量の汗をかいているため、わきがが臭いやすくなってしまうのです。

このように、夏の方がわきがの臭いが強くなると思いがちですが、冬にもわきがが臭う条件はそろっているということが分かります。

朝起きたらわきがの臭いに注意


また、わきがの人は寝起きににおいが強くなることもあります。寝ている間には体温を下げて内臓を休める必要があるため、かなりの量の汗をかいています。この汗が身体やパジャマに残ったまま朝まで数時間過ごしてしまうため、朝起きた時にわきがのにおいが強くなってしまうというわけです。