夏の汗
夏に体臭がきつくなる原因は??

体臭がある人にとって夏はとても憂鬱な季節です。特にわきがの場合、夏にはどうしても体臭がきつくなるように感じられる瞬間が多いものです。夏は体臭が気になるからと、1日に何回かシャワーを浴びたりデオドラント剤を多く使ったりと、気を使う人も少なくないことでしょう。

夏にわきがなどの体臭がきつくなるのは、やはり汗をかく季節というのが大きな原因です。とは言っても、汗そのものはほとんど無臭で、汗をかいた直後はそれほど臭いは感じられないものです。ただ、汗をかいてそのままにしておくと、次第にわきがの臭いがきつくなってしまいます。汗をかいてからわきがの臭いに変わるまでには約4時間から5時間かかると言われています。

夏や運動した時には、エクリン腺から汗が出ます。この汗は成分のほとんどが水分なので臭いはありません。これに対してアポクリン腺から出る汗には脂質や脂肪酸、タンパク質など多くの成分が含まれていて、この汗が多いとわきがになりやすくなります。
汗をかいてからしばらくすると皮膚の雑菌が汗を分解します。この時に発生するのがわきがのにおいなのです。

そして、夏はじっとしていても汗をかくことが多く、普通に生活しているとほとんどひっきりなしに汗が体の表面に存在していることになります。このことが夏に体臭がきつくなる原因となってしまうのです。

夏ならではの対策は?


このように、常に汗をかいている状態でいると体臭はきつくなる傾向にあります。夏ならではの臭い対策をしようと思ったら、とにかく汗をできるだけ除去するというのが、一番にやるべきことです。

仕事などで長時間、自宅以外の場所で過ごさなければならない場合は、下着や洋服の替えを持ち歩くようにして、こまめに着替えましょう。衣類に染み込んだ汗からも臭いは発せられるからです。

また、最近はデオドラントシートもあるので、トイレなどで汗をこまめに拭き取ることが大切です。とにかく、かいた汗をそのままにしておかないこと、これが夏の臭い対策に必要なことです。