わきがで仕事に行く
どれほど強いわきがで悩んでいても、仕事を休むわけには行きません。わきがでも仕事に行く場合、どのような対策があるか紹介しましょう。

仕事中でも出来る簡単わきが対策


わきがは、アポクリン腺から出る汗と脂質、タンパク質などが肌の細菌に分解されることで臭いを発します。まずは、汗が肌にできるだけ残らないようにしましょう。衣服に汗が残るのを防ぐにはワキ汗パッドが効果的です。パッドをワキ部分に貼っておくだけでワキの汗を吸収してくれますし、簡単に取り換えることもできます。

また、最近はデオドラント製品にもかなり効果の高いものが出てきました。汗腺をふさぐ働きのあるクリームを塗っておけば、臭いの元となる汗が出にくくなります。

わきがの手術は時間かかる?


わきががひどい場合、手術を受けることで改善できます。では、わきがの手術にはどれぐらいの時間がかかるのでしょうか。手術方法や症状にもよりますが、多くの場合わきがの手術にかかる時間は1時間から2時間程度です。わきにメスを入れているため、傷口が開かないように腕の上げ下ろしをせずに安静に過ごすことが必要になります。そのため3日前後は入院が必要です。仕事をしている人は1週間から10日は休みを取っておくといいでしょう。

ワキガの手術の費用や失敗する可能性について

簡単なわきが対策は?


先ほどお話ししたように、わきが用のデオドラントクリームには汗をとめて臭いを予防する効果があります。クリームを塗るだけで良いので、比較的簡単にわきが対策をすることができます。ただ、このクリームはすでに汗をかいてしまった後では効果が出にくいものです。一度塗ると長時間効果が持続するものが多いので、夜お風呂に入って身体をきれいにした後でクリームを塗ると効果的です。

わきがでも出来る仕事ってなに?


わきがだと、接客業や飲食店での仕事をすることが難しい場合があります。わきがでもできる仕事としては、トラックの運転手や自宅でパソコンを使ってできる在宅業務などがあります。ただ、わきがだからと選ぶ仕事を絞ってしまうとほとんど自由がありません。手術を受けたり、わきがグッズを上手に使ったりして本当にしたい仕事をできるようにするのもひとつの方法です。