脇汗が気になる

冬というのは、脇汗が増えていくいやな季節です。どうしても、冬は着る服が断熱性が高く、通気性の悪い厚手になってしまいますよね。

そのため、脇汗がどんどん出てくるしワキの汗が蒸発できずにいるので、夏より多くの汗を感じますし、ワキガ臭もきつくなってしまいがちです。

冬の脇汗が出る理由


詳しく解説をすると、冬の衣服でも、ポリエステルなどの繊維はその表面に水がつきやすいんですね。そのため、脇の部分に汗がずっとある状態になって、汗がどんどんたまっていってしまいます。また、綿などは乾きにくい素材なので、それもまた、脇汗がたまりやすくなってしまうのです。

病気ではない?


夏よりも冬の方が、脇汗が多いと、病気なのかなと心配になる事もあるかもしれません。しかし、基本的に冬の服が原因なので病気かもと不安になる必要はありません。

夏は通気性の良い涼しい格好をしているため、すぐに乾燥しますし、ワキガの臭いなども比較的消えやすいのです。しかし、冬は何枚も重ね着をして、体温を逃さないような素材の服を選ぶため、どんどん脇汗も分泌されるし、体臭やワキガの臭いがこもってしまうのです。その結果、臭いが脇の下にたまって、濃縮されていくため、少しでも服の隙間からワキガ臭が漏れると強烈な臭いを放ってしまいます。

汗をかく人が減る


夏場というのは、誰でも汗をかいている状態のため、自分が汗をかいていても気になりにくい状態ですよね。自分だけが汗臭いというわけではありません。

しかし、冬場は汗をかく人が減っていくため、自分だけが汗をかいているんじゃないか?と不安になりがちです。そうやって不安になると、精神的な発汗が増えて、脇汗がどんどん出てしまう事があります。脇汗が出ていると思うと、余計意識が脇に集中してしまうので、なおさら脇汗が過剰に分泌しているように感じてしまうんです。

暖房の影響もある


さらに、冬場の暖房も関係あります。夏は暖かい外から冷房のきいた部屋や電車の方へ入ります。移動の主体は「暖」から「寒」」です。しかし冬場はこの移動が逆に、「寒」から「暖」に変わります。人は寒いところから暑いところへ入ったときの汗のほうが相対的に汗を意識することが多いのです。

基礎代謝が高くなる


もう一つは「基礎代謝」です。日本人は普通、夏は基礎代謝が低くなり、冬になると高くなります。基礎代謝が高いということは、ちょっと動いただけで汗が出やすいということです。皆さんは夏のほうが汗をかきやすいと思っていますが実は冬のほうが本当はかきやすいのです。

ワキガクリームを比較しているのでチェックしてみて下さいね。