洗濯物
洗濯の際に、下着やシャツについてワキガ臭、脇のシミなどを落とすコツを解説します。
まず、そもそもワキガ臭やシミの原因となる汗の対策としてどんな事をしていく必要があるのか、というと、そもそもの下着選びなどから考えていく必要があります。


汗をかきやすい季節だからこそ下着が大切!


体温が上がると、当然汗をかきます。これは汗をかく事で、水分が蒸発をして、体の熱を放出して、体温を下げてくれるんですよね。しかし、汗をかけばかくほどワキガ臭が出てきてしまいます。

ですので、汗をかきやすい季節の場合は、まず体の熱を、スムーズに発散出来るよに、通気性の良い服を選び、下着は吸収性と乾燥性のある素材「綿」をえらぶのがおすすめです。

注意して欲しいのは、夏場に熱いからと肌着をきずに、シャツを直接着てしまう事があると思います。これですと、直接汗が服についてしまうため、ワキガ臭が服の色んな部分に広がってしまう可能性があります。

洗濯の際に、ワキガ臭が落ちないとなる前に、まずコマメに肌着を着替える。こうする事で、ワキガ臭の広がりも減りますし、コマメに着替える事によって、肌着1枚あたりの汗の吸収量も減るため、洗濯の時の落ちやすさが違ってきます。

ワキガ臭を抑えるなら、ハンカチよりも濡れタオル!


また、汗をかいた時、ハンカチで汗を拭く事が多いと思いますが、ワキガ臭を防ぐなら、水で固く絞った濡れタオルがおすすめです。まず、乾いたハンカチは、案外雑菌が多いため、

ハンカチで汗をふく→雑菌が肌に付着して広がる→ワキガの臭いの原因に

という流れが起こりやすいんですね。ですが、濡れタオルなら、汗や雑菌をしっかり吸収して肌のべたつきも取り除くことが出来るので、ワキガ臭を防ぐ効果があります。

汚れた靴下や下着を洗濯するコツ


靴下と下着や肌着には、直接肌に触れる衣類のため、汗や皮脂を吸いやすく、いくら洗濯してもワキガ臭などは残りがちです。まず、肌着のしつこい臭いは、バターのような脂臭で、体から分泌される皮脂が大きな原因です。皮脂の汚れというのは、落としにくいため、着れば着るほど蓄積されていってしまいます。

そのため、まず皮脂汚れをしっかり落とす。これが、洗濯するコツです。

皮脂汚れを落とすには


1 ぬるま湯を洗面器にいっぱいにして、酵素入りの粉末洗剤を洗濯1回分いれて溶かして、濃いめの洗剤液を作ります。
2 肌着をいれて、30分〜2時間程度つけておきます。
3 洗剤液ごと、洗濯機にいれて、その他の衣類と一緒に洗濯をする。


こうして洗剤に浸けておくだけで、皮脂が分解され落ちていってくれます。ただし、ウールやシルクは痛むので避けてください。また柄物などは色落ちしないかどうか確認をしておきましょう。



Yシャツの黒ずみ、ワキガ臭を落とすには!


Yシャツですが、そもそも繰り返し着ていると襟に黒ずんだ汚れが目立つようになり、脂臭がして、ワキガ臭もついてきます。Yシャツは素材として綿とポリエステルの混紡されているタイプが多いのですが、ポリエステルが、実は汚れや臭いを吸着しやすいんですね。ですので、普通に洗濯をしただけでは汗シミやワキガ臭は、落ちにくいです。Yシャツの汗ジミや臭いは、汗、皮脂、ホコリなどが混ざり合ったものです。その状態で、また着ると汚れが黒ずみ、変色をして黄ばみ、ワキガ臭はどんどん蓄積されていくのです。こうなってしまうと、落とすのは困難です。

そのため、Yシャツの臭いを落とすためには、1回1回の洗濯で汚れを落としきらなければなりません。

そこで、汚れを落とすには、アルカリ性の固形石鹸を使って、洗濯用ブラシでこすっておくのがおすすめです。
汚れは、酸性なので、アルカリ性で中和をさせる事が出来るんですね。詳しく解説をしますね。


1 固形のアルカリ性石鹸で、黒ずみやシミの箇所をしっかり揉み込んで洗います。
2 汚れがひどい場合は、その後で、重曹や、クエン酸をふりかけて、やわらかいブラシでこすります。
3 ただし、こすりすぎると繊維を傷つけてしまうので、ある程度落ちたら、洗濯機にいれます。
4 すすぎは、ほかの洗濯物とわけて、2回行うのがおすすめです。
5 洗い上がりは、シワとり&防臭スプレーを全体的に吹きかけておく。
6 太陽の下で自然乾燥をさせるのもおすすめです。


もちろん、毎回これを行うのは大変ですが、3〜4回着たら、ケアをするというペースでも十分なので、取り入れてみてください。

寝具の臭いをとるには!


寝具は、そもそも悪臭を発生しやすい条件が整っているものです。布団は温度と湿度が高いですし、枕は汗をたっぷり吸い込んで、フケ、皮脂、垢など雑菌が繁殖するには最適の場所です。寝具の臭いをとるには、丸洗いをするのが一番なんですが、敷き布団や掛け布団は難しいですよね。

ですので、寝具は、天日干しをしましょう。太陽光によって布団の殺菌、悪臭となる分子を外に放出してくれます。

天日干しのポイント

1 布団カバーをかける
2 羽毛羊毛の布団は、2〜3時間、綿、ポリエステルは、4〜5時間程度、朝の10時〜15時の間に干す。
3 天日干しをした後は、掃除機をかけて、ダニやダニの排泄物などを除去します。

湿度の高い日でもよく乾かす方法


最後に、衣類から臭いが発生する原因は、「湿気」です。梅雨や雨の日など湿度が高い時は、どれだけ洗濯をしても臭いが落ちない、となる事が多いです。そこで湿度が高い時でも、洗濯物を乾かす方法をまとめておきます。


1 一度の洗濯物の量を減らす。

部屋で乾かす洗濯物が増えれば増えるほど、部屋の湿度が上昇していってしまいます。すると、当然乾き辛くなっていくので、雑菌が発生しやすくなっていってしまい、臭いの原因に繋がってしまいます。一度の洗濯物量を減らして、干す時、十分間隔をあけられるようにしましょう。

すると、空気の通りもよくなり、乾きやすくなっていきます。

2 洗濯〜すすぎまでお湯を使う

洗濯する時にお湯を使うと、洗剤の洗浄力がアップするのですが、すすぎまでお湯を使うと、乾きやすくなります。なぜなら、水よりもお湯の方が蒸発が早いからなんです。

つまり洗濯でお湯を使えば洗浄力が高まり、なおかつ乾燥させるスピードアップ。下着や、シャツなどについたワキガ臭をよりいっそう落としやすくなりますよ。