りんごを持つ女の子
体臭は食べたものによっても変化してきます。体臭をきつくしてしまう食事もあれば、逆に予防につながる食材もありますので、一つ一つ紹介をしていきます。

体臭がきつくなる食品・食材


とりすぎると体臭がきつくなる食品や食材を紹介していきます。

動物性脂肪


動物性脂肪は、皮脂の分泌が多くってしまいます。皮脂の分泌が増えると、汗の「油っぽい臭いの原因」が増えてしまうんですね。そのため動物性脂肪には注意が必要です。食材としては肉やバター、チーズ、生クリームなどが動物性脂肪です。お肉が大好きな人だけでなくて、毎日のように甘いラテやミルクたっぷりのコーヒー、生クリームやバターが入ったスイーツを食べてしまっている方は、体臭が強くなる可能性があるので要注意!

欧米圏の食生活


基本的に欧米圏の食生活は、動物性たんぱく質がふんだんに使われています。しかし、日本人の体には、欧米圏の食生活はそもそもあっていないんですね。日本人の腸は、欧米人と比べて長いといわれています。そのため、動物性タンパク質など臭いの原因となるものが、体の中に長く留まっている状態になりがちです。そして、お米などを分解するのは得意ですが、肉類などを分解するのは苦手なので、とりすぎると、便秘、口臭、体臭の原因になっていってしまいます。

エスニック系・激辛系


唐辛子、香辛料をたくさん使ったエスクニック・アジアン料理にも注意が必要です。体を温めてくれたりしますが、交感神経を刺激して汗の分泌も増えてしまいます。この刺激が増えてしまうと、わきがの原因となるアポクリン腺も刺激をしてしまうため、体臭がきつくなりやすくなるのです。

たまに食べる程度なら問題はありません。しかし、週に何回も食べたり、七味唐辛子を何にでもかけたり、するような激辛好きになると臭いもきつくなる可能性があります。

揚げ物系


油で揚げた食べ物は、時間がたてばたつほど、酸化が進んで活性酸素が体内で発生していってしまいます。古い油や、使い回しの油も要注意です。活性酸素が発生すると、加齢臭や独特の酸化したすっぱい臭いにつながりやすいです。体臭が口臭がきつくなるような、食材で揚げ物の料理は、食べる頻度を減らしたり、便秘がちな時などは食べる事を避けるのがおすすめです。


体臭を予防する食品


生活習慣由来の体臭予防にいい食品・食材を紹介していきますね。

ビタミンA・C・E


揚げ物のところでもかいた、体臭、加齢臭の原因になりやすい活性酸素をくい止めてくれるのは、やはりビタミン!
ビタミンAは、にんじんやパセリなどのいわゆる緑黄色野菜から、ウナギや卵にも。ビタミンAは、炒めたりドレッシングとあわせると効率良くとる事ができます。
ビタミンCはピーマン、レモンやいちごなどなど野菜や果物に非常に多く含まれています。ただし、ビタミンCは熱に弱く、水に溶けやすいため、加熱しないで、水にあまりさらさないで、できるだけ新鮮な状態で食べるとうまく吸収できます。
ビタミンEはナッツ類や魚卵、緑茶に多く含まれています。ビタミンCと一緒にとると、効果的です。ビタミンは多くの食材に含まれているので、意識的にとって体臭予防につなげてみて下さい。

食物繊維


腸をすっきり掃除してくれるのは、食物繊維です。食物繊維で、腸内の掃除をする事で、口臭、体臭、加齢臭などの対策につながっていきます。食物繊維には、2種類(水溶性食物繊維、不溶性食物繊維)ありますが、どちらもまんべんなくとっていくのがおすすめですね。水溶性食物繊維は果物や海藻が多いです。腸内環境を整え、便通を促します。不溶性食物繊維は根菜類やキノコ類、豆類が中心です。これは、便のカサを増やす事によって腸を刺激してお通じをよくしてくれます。快便は体臭予防に繋がっていきます。便秘がちの人はたっぷりとるように心がけましょう。

大豆製品


納豆、豆腐等の大豆は、良質なたんぱく質って言われていますよね。でも、それだけはなくて、大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのバランスを整えてくれる効果も期待されています。女性の多くは、ホルモンバランスによって体臭がきつくなったりするので、バランス良くとっておきたい食品です。

お酢


酢の物や、梅干しなどのすっぱい食品は、クエン酸が多く含まれています。このクエン酸は、体臭の元となるアンモニアを出にくくしたり、乳酸の増加をおさえる事が出来ます。酢の物だけでなく、黒酢、りんご酢などでもいいので、うまく活用していくのがおすすめです。


和食がベスト


上記の豆類、大豆製品、野菜、海藻、根菜、酢などをうまく取り込める食事というと、和食がベストな選択になります。なんだかんだ言っても日本人の体にあう食事が一番です。実際、昔は今程体臭の事を騒がれていませんでした。しかし、欧米圏の食生活が増えてきて、ニオイケアが騒がれるようになってきたんですね。

ですので、体に合う食事をとる、というのが一番でしょう。