女性のワキガ臭
実は、ワキガの男性よりもワキガの女性の方が多い、というのはご存知でしょうか。大体ワキガ治療で手術などを受けられる方の男女比は、3:7程度で女性の方が多い割合にあるようです。私もこの数字を知ったとき、意外に思いました。男性の方が、体臭がキツイ、というイメージがあるからです。

今回は、その原因と対策について解説を行っていきます。

女性の方がワキガが多い原因とは?


そもそも、女性の方が、男性よりも鼻が利く、嗅覚が優れているという傾向があります。そのため、臭いに対する男女の意識の差、というものがワキガに悩む女性を増やす要因の一つにあると思います。男性の場合は、「しょうがない」で済む、そもそも鈍感で自分の臭いに気づかなくても、女性の場合はそうはいかず悩んで苦しんでしまうんですよね。

次に、ワキガの原因となる「アポクリン汗腺」は、女性の方が男性よりも多いんですね。アポクリン汗腺の分布状況を調べると、男性よりも女性の方が広い傾向にあるんです。

またアポクリン腺が発達し始めるのは、思春期の頃、14歳ぐらいからです。そして一般的に、身体的にも精神的にも、女性の方が発達が早いため、アポクリン腺が発達するのも女性の方が早いです。

また女性ホルモンの影響があり、さらに女性の方が皮下脂肪があることからも、汗をかきやすいというのもあります。特に、女性ホルモンが減少してバランスが崩れてしまう、産後や更年期は、ちょっとした事でも急に大量の汗をかいてしまう事があります。

食事を考えてみても、女性の方がケーキ、お菓子といったスイーツを好み、その結果乳製品などを多くとって臭いを強くしてしまう事が考えられます。

こういったいくつかの原因から、女性の方がワキガになりやすい、もしくは気にしやすい状況であるんですね。

女性ホルモンが変化した時


また、女性の場合は、普段はまったく臭いを感じていなくても、生理前後~生理中にかけて臭いを感じることがあります。これは、どうしても女性ホルモンの分泌が増えると、アポクリン汗腺が刺激されてしまい、汗の量も増えてワキガ臭ではないかと思う事があるんですね。ですが、これは一時的なものです。

また、妊娠中も女性ホルモンが強く分泌されると、臭いを強く感じる事もありますが、出産と同時に改善されることが多いです。

ワキガ対策として出来ること


ここで、女性のワキガ対策として出来る事をまとめてみます。

グリーンスムージーを飲む


グリーンスムージー
上記でスイーツやお菓子を食べると臭いがきつくなる、という事を書きました。しかし、一生食べるな!というのは無理な話ですよね。ですので、緑の多い野菜などでグリーンスムージーを作り飲む習慣を作ってみてください。

ほうれん草や、小松菜、パセリなどには、クロロフィルという消臭効果の高い成分がたくさん含まれています。また、グリーンスムージーにリンゴをいれるのもおすすめです。リンゴにも、ワキガの原因となるアポタンパク質というものに、働く成分が含まれています。

汗取りパット、消臭下着の着用


汗取りパットや、消臭下着(消臭キャミソールや、消臭ショーツ)などが市販されています。汗をかきやすい時期はこういったものを着用しておくだけでも、全然違ってきます。

リンパ流しに行ってみる


リンパの流れが悪いと、当然老廃物が体にどんどん蓄積されていってしまいます。これが臭いの原因となってしまう場合があり、特にワキガ以外にも、スソガ、足の臭いなど、広範囲の臭いに悩んでいる方は、一度リンパマッサージを受けてみるのも一つですね。

リンパが流れて、代謝がよくなりデトックス作用によってワキガ臭などが抑えられることも考えられます。

制汗スプレー・消臭スプレー


ワキ毛の薄い方は、スプレーもおすすめです。ただし無香料のものを選ぶように気をつけてください。

ワキガ専用クリーム


臭いの強い方は、ワキガ用のクリームも併用するのがいいですね。今のワキガクリームの消臭効果と、持続力はスプレーよりも高いため、スプレーが使えない状況などは、ワキガクリームを使っておくのがおすすめです。
手術の場合は、切開すると傷口が残る可能性があるため、超音波での治療がおすすめです。

香水はNG


やってはいけないのは、香水でワキガの臭いをごまかす事です。これは、香水の種類にもよりますが、ワキガ臭と香水が混じった臭いになって、失敗する事がほとんどです。香水に消臭効果を求めるのは、やめておきましょう。

脇毛の脱毛


女性の多くは脇毛の処理をする事が多いと思いますが、秋~冬にかけて処理しなくなってしまう場合は注意が必要です。どうしてもワキガというのは、脇汗から臭いが拡散されていきます。その時、脇毛が伸びている状態ですと、そこに汗が付着してしまい、臭いの元になりやすいんですね。冬でも、脇毛の脱毛処理を行う事は心がけておくのがおすすめです。

手術に関して


ワキガ手術に関しては、女性の場合は手術跡の問題もありますので、慎重に考えなければいけないですね。ワキガ手術の方法はいくつかありますが、再発のリスクも伴います。そして、そもそも、本当に手術が必要なレベルのワキガなのか、という事もあります。女性はどうしても、臭いに敏感になりやすいため、ワキガでなくても、ワキガだと思い込んでしまっている可能性があります。そこを見極めるために、病院に行ってみるのがおすすめです。


ワキガの女性への接し方について


会社の同僚や、彼女などワキガの女性に対して、指摘や注意をした方がいいんじゃないか。そう思う方もいると思います。ただ、デリケートな問題なので、どう伝えるのがいいか、難しいところでもありますよね。

自覚があるのか、ないのか、でも対応は変わります。

自分はワキガだと自覚して悩んでいる女性は、「私はワキガだから絶対に結婚なんてできない」と思うほど、自分を追い詰めてしまう方も少なくありません。

出来るだけ傷つけないようなワキガ臭の伝え方


相手に自覚がないような場合

「最近、疲れてない?もしかしたら○○ちゃん、ホルモンのバランスが崩れてるかも。私鼻が利くから、ちょっと臭いがするんだよね。」

と、相手を気遣いながら、体臭がすることを軽く伝えてみて、お相手の出方を探ってみてください。

そして、相手に自覚があった場合は

「実は、家族(or 彼氏、or 友達)が同じように臭いで悩んでいたんだよね。あの人も苦労しながら今色々試しているけど、よかったら聞いてみようか?」


と、身内にもいる、というアピールで悩みにのる形をする事で、ワキガについて伝えやすくなります。