香水の付け方
わきが対策に、香水をつけてみたいと思う方も多いと思います。今回は、香水がほのかに香るように上手につけるコツを紹介しますね。

そもそも香水にはわきがの臭いを消す効果はありません。失敗すると、わきが臭と香水の香りが混ざってしまい、大変な事になります。ですので、わきがの程度によるのですが、近づいて嗅がないとわからないレベルの方の場合なら、上手に使えばわきがを隠すことができます。

しかし、わきが臭を隠したいあまりに、不安になってつけすぎると、それはそれで周りの人に不快な思いをさせてしまいます。香水によるスメハラ(スメルハラスメント)を起こさないためには、香水の種類や特徴をしっかりと理解して適切に使うようにしていく必要があります。

香水をわきが対策で使うにあたっての基礎知識


香水には濃度によって4つの種類があり、香りの持続時間と使用量が違います。

各香水の種類の持続時間について

パルファム・・・香りの持続時間5時間〜半日
オードパルファム・・・香りの持続時間約5時間
オードトワレ・・・香りの持続約3時間
オーデコロン・・・香りの持続約2時間

そのためつけ直しをするときは持続時間を過ぎてからつけるようにします。

おすすめの香水は?


ワキガ臭は、ツンとした独特なスパイシーな臭いです。ですので、この臭いをうまく隠せるものというと、シトラスのさわやかな柑橘系香水がおすすめです。他にも、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、クローブ系のものが含まれているのもおすすめです。

また、長時間使えるもので考えるならば、ウッド系の香りも相性はいいため、サンダルウッドやシダーウッド、パチュリなどもいいですね。

使っていけない香水は、甘いムスク系の香水です。これはワキガ臭と混ざり合って悪臭になりやすいです。


絶対にココには香水をつけてはいけない!


そして、わきが臭を隠すにあたって、絶対につけてはいけない場所があります。それが、「脇」「首筋」「陰部」です。汗をかきやすい部分は、つけてはいけません。わきが臭を隠したい一心から、脇に直接香水をつけたくなってしまう事があると思います。

しかし、香水は温められると香る、下から上に香ってくるという性質があるため、脇、首筋、陰部など、高温多湿状態の場所に香水をつけると、わきが臭と混ざりやすくなるのです。

ですので、つける部分は、足首や膝の内側、ももの内側など、手首や耳後ろなどにつける場合は少量にしておきましょう。男性ならば耳の後ろ、手首の内側、ウエストあたり、それからジャケットやネクタイの裏につけたり、ハンカチにしみ込ませるなど、軽く香るような工夫をしておくのがおすすめです。

デオドラントと香水の併用はどう?


香水を使って、わきがの対策をしていくだけだと、なかなかワキガ臭を隠しきれない場合があります。その時は、クリアネオなどのワキガクリームなどと併用をしていくのが一番効果的です。

ただし、注意点があります。

肌が弱い方は注意


肌が弱い方の場合、香水とワキガクリームなどを併用してしまうとどうしても、成分が混ざり合ってしまうのでかゆみ、赤みの原因になる事もあります。特に、ワキガクリームなどは、単体で使っていく事が前提に成分を調整されています。そのため香水と併用する場合は、事前に腕などでパッチテストを行うといいですね。