手汗がひどい
手汗がひどい場合の対策について解説を行っていきます。

緊張した時や驚いた時などに、手汗をかいてしまうというのはよくあることです。ただ、手から滴り落ちるほどの汗をかく場合、多汗症という病気かもしれません。

あまりにも手汗がひどいと、持っている紙をビショビショにしてしまったり、スマホを操作できなかったりと、日常生活にも支障を来たしてしまいます。

このひどい手汗をとめる対策としては、まずは生活習慣を見直すという方法があります。発汗は自律神経の交感神経が関わっていますが、バランスが崩れて交感神経が過剰にはたらくと汗が大量に出てしまうこともあります。
ストレスや睡眠不足は自律神経を乱す原因になるものです。早寝早起きの習慣をつけ、ストレスを溜めない生活を心がけるようにしましょう。

最近は汗を止める効果が高い制汗剤もあります。一時的には効果を発揮してくれるものが多いので、外出時や大切な場面で使うといいでしょう。

急に手汗がひどくなった時


今まではなんともなかったのに、急に手汗がひどくなることもあります。ある出来事がきっかけで手汗がひどくなるというケースが多く見られます。人前で話をしなければならない場面で失敗してしまい、その後同じような場面になると過剰に緊張して手汗を大量にかいてしまう…などのように精神的なことが影響している場合が少なくありません。

ただ、精神的なことではなく病気が影響して手汗がひどくなることもあります。バセドウ病や甲状腺の機能障害などがあると、全身に大量の汗をかくようになります。もしも手汗が急にひどくなると共に何か体調不良を感じるようになったら、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

手汗を改善する薬やクリームは?


手汗を改善するクリームは何種類か出ています。
〈コルクル 手汗対策用クリーム〉こちらのクリームは塗ってから30秒ほどでサラサラになりべたつかないのが特徴です。
〈テサラン〉最大で72時間も手汗の防臭抗菌効果があります。保湿効果も高いクリームなのでハンドクリームの役割も兼ねて使うことができます。