asekusai
蒸し暑い季節になると、汗臭い!と思う事が増えてきますよね。汗臭さというのは、どうしてあんなに独特な臭いを放つのでしょうか。

汗の臭いを強めるのは、皮脂にあり


そもそも汗という分泌物自体には、臭いはないのですが、一緒に出てくる皮脂には臭いがあります。これが、あの汗臭さの元となるんですね。この皮脂は、人の全身にある皮脂腺から分泌されます。皮脂腺とは本来皮膚を柔らかくしてうるおいを保つ働きがあるのですが、食事で脂っぽいものや、乳製品、肉類などの動物性たんぱく質を多く食べると、皮脂腺が活発化します。そうなると皮脂が、汗とともにたくさん出てくる、というわけです。

また、汗臭いというか体臭の強い人の汗は脂肪酸やタンパク質の濃度が高いと言われています。汗に含まれる脂肪酸には、酢酸、プロピオン酸、イソ酪酸、酪酸、イソ吉草酸、ヘキサン酸、2‐エチルヘキサン酸、オクタン酸、ノナン酸などというものがあるのですが、これらが、臭いの元となっていくんですね。

基本的に運動したり、暑い時に出てくる汗、辛いものを食べたり緊張してかく汗などは、99%が水分と塩分で出来ていて、残り1%でアンモニアや尿素があるぐらいでそのものに臭いはないのです。

汗腺は2つあり


人間に汗腺というのは2種類あります。エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれています。エクリン腺は、全身にあり、アポクリン腺は、脇の下や陰部など体の一部分にあるものです。エクリン腺から出る汗よりも、アポクリン腺から出る汗の方が臭いが強くなるため、アポクリン腺が多いとワキガにもなっている可能性があります。出てくる汗によってニオイケアの仕方も変わるためしっかりチェックして下さい。

エクリン腺の汗の対策


エクリン腺から分泌される汗は、時間がたってくると臭いが発生します。そもそもは、無臭なのですが、細菌が繁殖してきて臭いを放つようになるんですね。そのため、汗をかいたら濡れタオルなどで拭き取るのが効果的です。ハンカチなどだと、臭いの原因となる細菌をとりきる事が難しいですが、濡れタオルなら、細菌も皮脂もとって、すぐに洗い流せばタオルへの汗の臭いも防げます。

アポクリン腺の汗の対策


アポクリン腺の汗は、塩分をほとんど含まないので、細菌が繁殖しやすいのです。そこから体臭の原因になったりします。アポクリン腺からの汗の場合は、臭いがきつい場合は、手術によって汗が出なくなるようにするか、もしくは制汗剤の入ったクリームなどを使用して、汗を止める、という方法もあります。

汗のニオイを落とす体の洗い方


汗のニオイが気になる時は、ボディソープではなくて、固形石鹸で体を洗う事がおすすめです。どうしてもボディソープは、成分として界面活性剤を使用している事が多いため皮膚への刺激が強いです。そして、ボディソープのポンプは、1プッシュで体を洗うには必要以上の量が出てくるため、肌への刺激が増えやすいんですね。

しかし、固形石けんは、そもそも石けん成分が主体で出来ていて、使う量も自分でわかりやすいというメリットがあります。どうしても使い慣れたボディソープがいい場合は、石けん成分主体のポディソープを探すのが良いでしょう。

体を洗うタオルは、天然素材のタオルがおすすめです。ナイロンタオルなどの硬めのタオルだと、皮脂をとりすぎてしまい、それが結果として皮脂の分泌を増やしてしまいます。綿や木綿などの天然素材のタオルで、泡で汚れを包み込むようにして洗い、最後は石けん成分を残さないようにサッパリ流しきる事が大切です。