扇風機で汗をかわかす
ベタベタする汗と、サラサラする汗、汗には二種類ありますが、ベタベタする汗というのは、悪い汗なんて言われています。サラサラする汗はもちろん良い汗です。

これらはどう違うのかというと、サラサラする汗は、蒸発しやすいため、体温調節がスムーズに行われて量をたくさんかいてもあまり臭わないです。しかし、ベタベタする汗は蒸発しにくいため、体温調節もうまくいかず、また汗が残り、雑菌が繁殖しやすくなるところから、臭いやすくなるのです。

この汗のベタベタについてどう改善していくか解説を行っていきます。

汗の働きとは


そもそも普段かいている汗は、エクリン汗腺から出る汗が大半です。体温が上昇すると、体内の水分を蒸散させて体温を下げようとして、血液中の水分が汗腺に送られていくんですね。この時に、水分と一緒にミネラル分も送られていきます。しかし、ミネラルは、血管に再吸収されるため、皮膚に出てくるのは、水分とわずかな塩です。

これが、サラサラした良い汗の状態です。良い汗はわずかな塩分を含んでいるだけの状態なので、皮膚が弱酸性で、雑菌の繁殖をおさえてくれます。

しかし、ベタベタする悪い汗の場合は汗腺の働きが弱くなっていて、ミネラル分の再吸収がうまく行われず、水分と一緒に体外へ排出されてしまいます。ミネラル分が多いと、皮膚表面がアルカリ性になっていくため、雑菌が活発になり、臭うようになってしまうのです。

現代人のほとんどが、ベタベタした汗をかく


現代人のほとんどは、ベタベタした悪い汗をかいている状態です。運動不足や、肉中心の食生活、ストレスなど生活環境も大きく影響して、汗腺が弱くなっているのが現状ですね。夏になると冷房の部屋に閉じこもっていると、汗腺機能、特にミネラルなどの再吸収の機能が退化してしまいます。その結果体温と体液の恒常性を保つことができず、体の変調をきたしてしまいますし、汗をかかない状況が続くと、今度は老廃物や角質がたまりやすく、これらが排出されると汗がベタベタしますし、不安や緊張からくる汗などは、突然大量に汗をかいてしまうのでミネラル分の再吸収が間に合わず、悪い汗になってしまいます。


良い汗をかくにはどうしたらいいの?


これはシンプルに、汗をかく訓練をかさねて、汗腺を使っていくという事が必要になっていきます。例えば、冷暖房に頼り過ぎないような生活をする事、有酸素運動など体を積極的に動かすこと、冷房の効いている部屋では、熱めのお茶を飲んで血行をよくする事などがあります。熱いお湯というのは汗腺を活発にしてくれるんですね。

他にも、お風呂の入り方で、汗腺を活発にして良い汗をかく訓練をする事が出来ます。

例えば、スーパー銭湯や温泉などで、すごく熱いお湯と、入りやすいぬるま湯のところってありますよね。熱いお湯の時は、両手両足をしっかり浸して、手足は汗腺の予備力を高める。その後で、ぬるま湯で全員をリラックスさせる。こうする事で、汗腺の機能は高まっていき、良い汗をかけるようになっていきます。もちろん、家で、熱いお湯とぬるま湯を準備してやってもOKです。
このベタベタする汗から、サラサラした汗にかえるトレーニングはおすすめです。