脇汗の臭い
脇汗はどうして臭うのか、脇汗の臭いを消すにはどうしたらいいのか、脇をこすると臭いがしたり、脇汗がひどい時どうしたらいいか対策を解説します。

そもそも、脇汗が出る部分の脇の下というのは、エクリン汗腺というものとアポクリン汗腺という二つの汗が出る部分があるため、たくさん汗が出る場所です。それから、皮脂やタンパク質やアミノ酸、脂質、ミネラルといった細菌(雑菌)が繁殖するための栄養になるものが、たくさんある場所なんです。

実は脇汗に臭いはない。でも


そして、実は脇汗そのものには、ほとんど臭いがありません。脇汗と、タンパク質や皮脂などの物質と結びついて化学反応が起こる結果として、強い臭いが発生するんですね。

脇の下は、臭いが発生しやすい環境になっています。脇の下というのは、洋服にも覆われていますし、どうしても汗が蒸発しにくいです。さらに、汗がたくさん出て蒸発しづらい場所なので、自然とアンモニアや尿素といった強い臭い成分がどんどん発生しやすくなってしまうんですね。

しかも脇の下には、脇毛が生えています。脇毛には細菌は少ないのですが、汗によって高温多湿状態になって、繁殖しやすい状態になります。そこでできた臭いが毛に絡まって、どんどん拡散されていって、強い臭いになってしまうというわけです。そのため脇をこすると臭いという事とかも十分ある事なのです。それが脇の下のかゆみへと繋がっていってしまいます。


脇の下の臭いはどうしてすっぱいの?


脇の下から出てくる臭いは、汗臭さとは違う、独特のツンとするすっぱい臭いがあります。この臭いがワキガ臭の特徴です。ワキガはアポクリン汗腺の働きが活発なために起こるため、不潔だから臭う、というわけではありません。このアポクリン汗腺から出る汗は、雑菌がつきやすいという特徴があります。汗の中にタンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分が多く含まれているんですね。そのため、雑菌の栄養が豊富な汗になってしまうんです。

これが、ツンとするすっぱい臭い、ワキガ臭の原因です。

アポクリン腺の汗についてのあれこれ


アポクリン汗腺から出る脇汗は、黄みをおびているため、シャツなどに黄色いシミができるのは、アポクリン汗腺が発達している、ワキガの場合が多いです。また、アポクリン汗腺は、毛穴の中にあるため、毛が多いとアポクリン汗腺の数も多いですね。

臭いの取り方


脇の臭いをとるために石鹸で洗う場合は、体を洗う時と同様に、泡でやさしく洗う事が大切です。脇の洗い方で気をつけて欲しい部分はわきの臭いを気にして、ゴシゴシ洗ってしまうと、肌にダメージが残り、乾燥からカユミの原因にもなってしまいます。お風呂入っても、どれだけ洗っても脇が臭いという事がありますが、どうしても汗はかいてしまうので、お風呂だけでは臭い対策は難しいものがあります。そのため日中は、デオドラントの商品を使うのが一番手軽です。

ドラッグストア等で販売されているのは、「制汗効果」のあるものと、「消臭効果」のあるもの、それから「殺菌効果」のあるものがあり、脇汗対策としてはスプレータイプ、ロールオンタイプ、クリームタイプとあります。

スプレータイプは使った時に清涼感があり、ロールオンタイプとクリームタイプは効果が長持ちする効果があります。ただし、スプレータイプだと成分が皮膚に行き渡りにくいので、塗るタイプのものの方が、効果は期待出来ますね。

脇の下クーラーなるものが出ました!


脇の下クーラーという商品が出ました!これは力技ですが、袖の部分に小型クーラーをつけて、脇汗が出ないように冷やしておくというもの。公式サイトでは目立たないと書いてありましたが、目立ちます(笑)あと、稼働時間が単四電池2本で5〜9時間となっているので、通勤通学の時に使うという形になりそうですね。一見しただけで袖に何か機械を取り付けている、という印象がどうしてもあるので、女性が使うのは辛い商品だと思いますが、脇の下クーラーを鞄に忍ばせたりして、使い方を工夫すれば、うまく対処出来ないかな、と思いました。