デリケートゾーンの臭い 体臭がデリケートゾーンからする原因は??
体臭の中でも特に気になるのが、デリケートゾーンの体臭ですね。場所が場所だけに人に相談することもなかなかできず、1人で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そもそもデリケートゾーンの臭いは何が原因で引き起こされているのでしょうか。


デリケートゾーンは、おりものなどの分泌物が身体の外に排出される場所でもあるため、臭いが出やすい部分と言えます。このおりものは空気に触れると酸化して甘酸っぱいような臭いを発してしまうことがあるのです。

デリケートゾーンの臭いは何かの病気?


デリケートゾーンから強い体臭を感じる場合、何か病気が潜んでいることもあります。次のような場合は注意が必要です。

カンジダ膣炎


デリケートゾーンの臭いが強く白いカッテージチーズのようなポロポロとしたおりものが出ます。強いかゆみを伴います。免疫力が低下したりホルモンのバランスが崩れると膣内にカンジダ菌が多くなって発症します。

細菌性膣炎


デリケートゾーンから魚のような生臭い臭いと、灰色がかったおりもの、強いかゆみが主な症状です。免疫力の低下やホルモンバランスの崩れ、膣を洗い過ぎることなどで膣内の細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えてしまうことが原因となります。

クラミジア


臭いのある緑色っぽいおりものが出たり、痛みを感じたりすることがあります。性交渉によってクラミジアという菌に感染すると発症します。

子宮内膜炎


臭い強く黄色い膿のような状態のおりものが出ます。子宮の内膜に菌が感染して発症します。出産後にかかりやすいと言われています。

他にも様々な病気が原因のことがあるので、デリケートゾーンから強い臭いがあったりおりものの状態がおかしいと思ったりした場合は、医療機関を受診してみましょう。

デリケートゾーンのにおい対策は?


デリケートゾーンの体臭の対策としては、やはり清潔に保つことがいちばん大切です。ただ、膣そのものには自浄作用があるため、殺菌力が強いボディーソープなどを使ってごしごしと洗い過ぎると、膣に必要な菌まで除去してしまい、悪い菌に感染する原因にもなります。洗い過ぎに気を付けて、常に蒸れにくい清潔な下着を着けるようにしましょう。