悩む女性
アソコの臭いが一度気になってしまうと、無闇矢鱈と洗ってしまったり、消す方法を探してしまうと思います。
アソコの臭いを消すために出来る方法を、今回全てまとめてお伝えします。

アソコの臭いは、男性でも女性でも、なかなか人には相談しづらい場所ですよね。しかも自分自身で臭いをかぐのも難しいので、悩んでしまう人が実は多いところなんです。それで知っておいて欲しい事があります。そもそもアソコは臭いがするものだということです。

そもそもアソコには臭いがある。


アソコの周囲にはアポクリン汗腺や皮脂腺がたくさんあり、さらに陰毛が生えています。そこで常に下着で覆われているため、ジャングルというか熱帯雨林のような状態となっています。そして、アソコは凹凸があったり奥まっていたりと複雑な形をしていて、さらに分泌液や、排泄物、女性ならオリモノや血液なども出ているため、常に臭いが混じり合っているのです。こういった元からある臭いに対して、スソガ等の病気ではないか?と不安になってしまう方が増えています。

臭いを消す方法を原因別に紹介します。


上記の通りアソコの臭いは、色んな臭いが混ざっているため、消す方法もそれぞれ違ってきます。

万能的に使えるのは、デオドラントクリーム


とにかくすぐにアソコの臭いを防ぎたい、という方はデオドラントクリームを使用するのが一番簡単で、手堅い方法です。どうしてもデリケートな部分なので、原因別に臭いを防いでいこうとすると、自力でやるのはなかなか大変ですし、時間がかかってしまいますが、クリームを使うと、朝塗るだけでのもあったりと、手軽です。



下着を変えよう


下着は意外と臭いの原因になりがちです。排泄物の汚れがつきやすいというのはもちろんですが、女性の場合は合成素材でできたナプキンやストッキングから静電気が発生しやすくなり、そこから雑菌がアソコに侵入して臭いになっていくんです。また、化学繊維のものは、吸湿性が悪いため、湿気によって雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

アソコの洗い方


男性も女性もアソコが臭っているかも?と思ったら、まずは、アソコにある垢をとる事が大切です。ここが原因となって臭いを発生させるケースは多々あります。デリケートな部分なためアソコ専用の石鹸を使うのが安全ですね。

女性の場合


女性の場合は、どうしても陰部が奥まって、ヒダなどがありで洗いにくいです。そのため、垢がたまりやすくなります。特に、垢は尿やオリモノ、周辺組織の角質などから出来ていき、最悪の場合はがんの原因となる事も。またオリモノは、基本的に無臭です。しかし、性病に感染していたり、細菌で炎症を起こしていたりすると、強く臭う場合があります。その場合、通常無色なオリモノが、色がつくため、わかりやすいと思います。

洗うときは、膣内はシャワーを軽くあてるだけにします。ボディーソープや石鹸は刺激が強過ぎるため、あまり使わない方がいいです。どうしてもという場合は刺激の少ないベビーソープをごく少量にするか、アソコ専用石鹸を使うようにしてください。

すすぎには、ぬるま湯でしっかり落とします。すすぎが中途半端だと汚れが残ったままになって、臭いの原因がついたまま、という状態になってしまいます。お風呂から上がったら、しっかり拭いて乾かしてから下着をつけて下さい。


男性の場合


女性よりも洗いやすいとはいっても、それでも排泄器官、下着、陰毛と臭いやすい条件はある部位です。男性のアソコが臭う場合のほとんどは、洗い方が足りないです。男性の陰部の洗い方は、あまりゴシゴシ洗い過ぎない方がいいですね。基本は、しっかりぬるま湯ですすいで洗います。石鹸を使いたい場合は、しっかり泡立てて、陰毛から陰部全体まで泡で汚れを吸着していくように、使ってください。


腰湯で臭いを消そう!


アソコの臭いが強くなる原因として、血行不良、いわゆる冷えがある場合もあります。普段の食生活から脂分や冷えが血液を粘らせ、血行不良をまねく事で、腰が冷えてしまう事があるんですね。腰には子宮や卵巣、前立腺、腎臓など、ホルモン分泌にかかわる臓器や、腸などが集まっているので、血行を促進させる事により、代謝が上がり、アソコの臭いも改善されやすくなるんですね。

そこで、簡単な方法としては、大根の葉を干した大根干葉を使った腰湯がおすすめです。

大根葉には体を温める硫黄分や、血液の流れをよくするカルシウム、カロテン、ビタミンDなどの成分が含まれていて、昔から婦人科系の病気などに効果あると、お風呂や腰湯に用いられてきました。この大根の葉に含まれるイオウ分は温泉と同じ成分であり、酸化還元という働きがあります。この酸化還元によって、血液がサラサラとなって、臭いが改善されていくと考えられるんですね。

腰湯の方法


用意するもの

大根干葉(2〜3株分
水、約2リットル
ベビーバス
熱湯入りポット

鍋に水と大根干葉を入れ、約30分煮出してエキスを作ります。作ったエキスをベビーバスに移してお湯を加え、適温にする。35度ぐらいから始めて、差し湯をしながら40度くらいまで温度を上げていくのがいいですね。

注意点として、部屋は暖かくし、上半身は服を着ていること。腰からお尻あたりまでお湯につかっている状態にします。それから、腰湯のあと、すぐにお風呂に入ると、せっかく腰に集まった血液が手足へ分散してしまうので、効果が薄れてしまいます。そのため、腰湯の前後2時間は、入浴しないようにしてください。

突然臭い強くなる場合


意外と多いのが性交渉の後にアソコが臭ってくるというケースです。この臭いの原因は色々考えられますが、性的な興奮などから、フェロモンが強く出て、アポクリン腺を活発にして臭いが出るのではないか、という事が考えられます。また、女性の場合は、膣内のオリモノや老廃物が外に出てしまって臭う事も考えられます。

他にもまた、ニンニクなどを大量に食べると臭ってきたり、生理後、出産後にホルモンの分泌が変わって、アソコの臭いが強くなるという場合もあります。こういった場合は、デオドラントクリームでの対処か、あまりに臭いが強過ぎる場合は、病気の可能性もありますので病院でみてもらうのがおすすめです。


スソガや婦人科系病気の場合


ここまでは一般的な臭いの理由を解説してきましたが、それとは別にアソコがワキガと同じような臭いの場合があります。これを「スソワキガ(スソガ)」と呼びます。スソガの場合は、自分でできるケアですと、デオドラントクリームが限界です。あまりに臭いが強い場合は病院にみてもらうのらおすすめです。

他にも、子宮や瞳が炎症を起こしたり、病気に感染していると、オリモノから強い臭いがでる事があります。最近、若い女性の間に、生理不順や生理痛、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がん、卵巣のう腫、腫炎(ガンジダ、トリコモナスへの感染)、不妊症、更年期障害などから、アソコからの臭いを気にする女性も多いようです。

受診が必要なレベルは、おりものの状態の変化十二オイの種類と覚えておきましょう。白くポロポロとした豆腐のカス状のおりものに少し酸っぱいニオイがあるようならカンジダ腫炎、緑色または灰色がかったおりものに魚の腐ったようなニオイは「細菌性腺炎」の可能性があります。

また、外陰部に熱をもった痛みがあったり、悪臭を伴った膿のようなおりものが出る場合は「トリコモナス」や「淋病」の可能性があります。ただ、「クラミジア」のように、ニオイや症状が出にくい性感染症もあるので、自己判断はやめておきましょう。アソコが臭いからといって石鹸をつけて中まで洗ってしまうと、腫内の善玉菌も流してしまい、余計に臭いを強くしてしまいます。異常を感じたら、恥ずかしいかもしれませんが、病院にいきましょう。