加齢臭
体臭と加齢臭の違いについて解説をしていきます。

身体から発せられる臭いはとても気になるものです。よく言われるものに加齢臭がありますが、そもそも体臭と加齢臭にはどのような違いがあるのでしょうか?

体臭と加齢臭の違い


まず体臭の原因の多くは、汗をかいた後に身体にある角質や老廃物と混ざることで臭いが発せられることにあります。体臭には汗臭さが感じられるのが特徴です。

これに対して加齢臭は皮脂が原因になっています。汗腺とは異なる皮脂腺から分泌された脂肪酸が、加齢とともに増加した過酸化脂質に酸化されることで臭いを発するのです。
年齢を重ねるにしたがって、体内で作られる抗酸化酵素は減っていきます。その結果、体内の酸化が進み、加齢臭が発せられやすくなると言われています。

この年代になるとタバコを吸ったりお酒を飲んだりする人も増え、ますます加齢臭が強くなるのです。
また、男性だけではなく女性にも加齢臭はあります。女性の場合は、女性ホルモンの乱れが原因になることも少なくありません。

加齢臭は何歳から?


男性の加齢臭は40代以降から発症するのが一般的と言われています。女性の場合は、女性ホルモンが減少し始める50代から60代以降である一方で、20代の若年層でも加齢臭を発症する場合があります。行き過ぎたダイエットや生活習慣の乱れは、若い人であっても加齢臭を引き起こすことがあるのです。

におい対策は?


加齢臭を防ぎたいと思ったら、身体を清潔に保つことが大切です。特に、臭いを発しやすい頭部や耳の後ろ、襟足や背中は意識してよく洗うようにしましょう。
また、食生活に気をつけることで体臭を改善することもできます。お肉中心の生活を送っている人は野菜中心の食生活に変え、タバコやお酒の量を減らすようにしましょう。
女性は、更にホルモンバランスを整える食生活もおすすめです。女性ホルモンと似た働きをする大豆製品を積極的に摂るといいですね。
また、イライラしたり人間関係に悩んだりと、ストレスを溜めこんでしまうと加齢臭を強くする原因になる活性酵素が増えます。できるだけリラックスできる時間を取るようにすることが大切です。