頭皮の臭い
体臭が頭皮からする原因は??
下を向いていて急に顔を上げた時に、ふわっと臭うことってありませんか?それはもしかすると体臭ではなく頭皮の臭いかもしれません。自分の体臭が気になると思っていても、なかなかどこから発せられているのか分かりにくいものです。意外だと思われるかもしれませんが、実は頭皮はかなり臭いやすい部分でもあるのです。

頭皮の体臭の原因は、主に毛穴の汚れと皮脂!


頭皮は、人間の身体の中でも特に皮脂の分泌量が多く、汗をかきやすい部分です。皮脂や汗にはほとんど臭いがありませんが、皮脂が酸化したり分解されたりすると臭いを発するようになります。
頭皮に皮脂や汗が多く残っていたり、シャンプーの流し残しがあったりすると頭皮は臭いやすくなります。

脂漏性湿疹とは?何かの病気?


頭皮の痒み
頭皮の臭いが強い場合、まれに脂漏性湿疹という病気を発症している場合もあります。皮脂がたくさん分泌されると、マラセチア菌という菌のエサとなってしまいます。

マラセチア菌は肌などにいる常在菌で誰でも持っている菌ですが、皮脂のバランスが崩れたりするとマラセチア菌が増えてしまうことがあります。このマラセチア菌によって皮脂が分解され、かゆみや臭いを伴った脂漏性湿疹になってしまうのです。

脂漏性湿疹は強いかゆみを伴うのが特徴です。爪をたてて頭皮を掻くと頭皮を傷つけ、更に皮脂が分泌されてしまい、臭いが増すこともあります。

頭皮の臭い対策は?


毎日シャンプーをしているのにどうして頭皮が臭うの?と不思議に思っている方もいるかもしれません。でも、シャンプー剤を多く使ったり、しっかり洗い流さずにシャンプー剤が頭皮に残ってしまったりすると、毛穴に溜まっていきます。それが酸化して臭いを発してしまうので、きちんとシャンプーを流すようにしましょう。

また、毛穴に溜まっている汚れをしっかり落とすことも対策のひとつです。お風呂に入る前にブラッシングをする、シャンプーをつける前に髪をしっかりとシャワーで濡らす、これらのことをするだけでも毛穴の汚れを浮かして除去しやすくなります。
また、髪を洗った後は自然乾燥ではなく、手早くドライヤーで乾かすようにしましょう。