背中からの体臭
体臭が背中からする原因と対策について解説を行っています。
自分ではなかなか分からない身体の臭いですが、実は背中は意外と体臭が発せられる部分でもあるのです。脱いだ下着の臭いから、自分の背中から体臭がしていたということに気付く人も少なくないでしょう。

では、背中の体臭は、どのようなことが原因で起きているのか主な原因をお伝えしますね。

背中の臭いの原因


ひとつめの原因は汗です。汗そのものには臭いはほとんどありませんが、身体の雑菌が汗の成分を分解した時に臭いが発せられます。つまり、背中に雑菌が残っている状態にしておくと、汗をかいた時に体臭が強く出てしまうということになります。

ふたつめの原因は皮脂です。この場合、なんとなく脱いだ服に脂っぽい臭いを感じるのが特徴です。着ている衣類に背中の皮脂が付き、その皮脂が酸化することで臭いを発します。頭や顔に続いて皮脂の分泌量が多い背中ですから、衣類に多くの皮脂が付くとどうしても臭いが強くなってしまいます。

何かの病気?加齢臭?


背中の体臭がある場合、病気ということはあまりありません。甘酸っぱい臭いや卵の腐敗臭など、独特の臭いがある場合は、糖尿病や胃炎など、病気が潜んでいる場合もありますが、これは背中から出る体臭だけとは限りません。

背中の体臭の多くは、加齢によるものと考えられています。汗をかきやすい、皮脂が多いという体質もありますが、もともと体臭のあまりなかった人が感じるようになった場合は、加齢臭と考えてよいでしょう。

背中の体臭対策は?


はじめにお話しした通り、背中の体臭には汗や皮脂が原因のことが多いものです。まずはきちんと身体を洗うようにしましょう。背中は手が届きにくく目で見て確認できないため、思わぬ洗い残しがあるかもしれません。肌触りの良いタオルなどで丁寧に洗ことが大切です。

また、ボディソープを流し残してしまうと臭いの原因となります。きちんと洗い流すようにしましょう。
皮脂が原因の場合は、こまめに衣類を洗濯するようにします。長時間外出する場合は下着の替えを持ち歩き、途中で着替えるなどの工夫をするといいですね。