豆乳

体臭がきつくなる原因には様々なものがありますが、ホルモンバランスが乱れることも原因のひとつと考えられています。特に女性の場合は、ホルモンの影響を受けやすく、人によっては体臭がきつくなってしまうことがあるのです。

女性ホルモンのバランスと体臭


女性ホルモンには、汗腺や皮脂の分泌を調整する働きがあります。そのためホルモンバランスが崩れることでアポクリン腺からにおいの強い汗が出やすくなることがあるのです。妊娠中や出産後にはホルモンバランスが崩れやすくなるため、これまでに感じなかった体臭を感じるようになったという女性は少なくありません。また、生理前や生理中に体臭がきつくなるというケースもあります。

加齢臭が起こるのは女性ホルモン


よく言われている加齢臭というものは、男性に多いと見られていますよね。これは、男性は女性ホルモンが少ないことで体臭がきつくなってしまっているからなのです。女性ホルモンには、皮脂の分泌を抑える働きがあるため、男性のように体臭を強く発することがないのです。

ただ、妊娠や出産、生理などでバランスが崩れ、女性ホルモンの分泌量が減ると皮脂の分泌を抑えることができなくなり、体臭がきつくなってしまうというわけです。
この症状は更年期にもあてはまります。

体臭対策としては?


ホルモンバランスの乱れが原因で体臭がきつくなっている場合のにおい対策には次のようなものがあります。
まずは食生活を見直してみましょう。豆腐や納豆に含まれる大豆イソフラボンには、女性ホルモンとよく似た働きがあります。毎日の食事に大豆製品を取り入れるようにしましょう。また、甘いものをあまりたくさん食べるとホルモンバランスを更に乱してしまいます。甘いものは控えめにして、ビタミンを多く含むフルーツなどを食べるようにしましょう。

更に、適度に身体を動かすとホルモンバランスを整える効果が期待できます。身体を動かして血行がよくなると、乱れていたホルモンバランスが改善されます。激しい運動をする必要はありません。毎日職場に行く時に、一駅分歩くようにしたり、エスカレーターよりも階段を使うようにしたりして、普段からこまめに動く癖をつけましょう。