体重

肥満で体臭がきついのはなぜ??
肥満の人は体臭がきついとよく言われます。実際に肥満と体臭には関係があるのでしょうか。

肥満体型で体臭が臭う原因は!


やはり肥満体型の人は汗をかく量が痩せている人と比べて多くなります。肥満になると皮下脂肪が厚くなるため身体の内部に熱がこもりやすくなり、汗をかきやすくなってしまうのです。

エクリン腺から出るサラサラとした水分の多い汗であれば、それほど体臭がきつくなることは無いのですが、肥満の人は食生活もかたよりがちであることが多いものです。

脂っぽいものや肉類中心の食事を続けていると皮脂の量が増え、アポクリン腺からは皮脂を多く含んだ汗が出てきてしまいます。アポクリン腺から出る汗は空気に触れて細菌と接することで酸化して、きつい体臭を発することになるのです。

運動不足も注意


また、肥満の人は運動をあまりしないというケースが多く、このことが更に体臭をきつくすることに拍車をかけています。普段から適度な運動をして汗をかく生活をしていれば、サラサラとしたにおいのあまり無い汗がでます。これに対して普段あまり汗をかかない生活をしている人が汗をかくと、ネバネバとして蒸発しにくい、雑菌が繁殖しやすい汗になることが分かっています。

臭いが病気の可能性は?


肥満の人の体臭がきつい場合、病気が原因ということはほとんどありません。ただ、かたよった食生活や運動不足の毎日を送っていると、高血圧や糖尿病をはじめとした生活習慣病を招くことになりかねません。

出来るにおい対策は?


肥満が原因で体臭がきつい場合、におい対策としていちばん効果があるのが、痩せることです。皮下脂肪が減れば身体の内部に熱がこもることも少なくなるため、必要以上に汗をかくことがなくなります。

また、食生活を整えて野菜中心の食事にすれば、汗に混ざる皮脂の量が減ります。併せて、毎日適度に身体を動かして汗をかくようにしましょう。ハードな運動でなくてもウォーキングや水泳などの有酸素運動を続けて普段から汗をかくようにしておけば、サラサラとした粘度の低い汗になります。