脂肪の臭い
体臭が脂肪臭や油みたいな原因は??

体臭が脂肪臭や油のようになることがあります。これは女性に多く見られる現象と言われており、ダイエット臭などとも呼ばれています。ダイエットと体臭にどのような関係があるのでしょうか。

実は、まちがったダイエットを続けていることが原因で、体臭が脂肪臭っぽくなってしまうことが分かっています。過激なダイエットや炭水化物を一切取らないダイエットを続けると、体臭がきつくなってしまうというのは、よくあることなのです。

体臭が脂肪臭は病気?


体臭が脂肪臭の場合に疑われるのは、病気ではなく先ほどもお話ししたダイエットが原因で引き起こされている症状です。医療用語ではケトン臭と呼ばれており、運動をせずに無理な食事制限だけでダイエットを成功させようと思っている人に起こりやすい症状です。

まず、摂取カロリーを減らすのに手っ取り早いため、炭水化物を摂取することをやめてしまうと、脳のエネルギーが不足してしまいます。炭水化物の代わりとなるタンパク質も不足している場合、脳に必要なエネルギーとして脂肪を使うことになります。

この脂肪が分解して作られる脂肪酸が臭いのもとになります。脂肪酸からはケトン体という臭いを発する物質が出てしまいます。このケトン体が多ければ多いほど、脂肪臭が強くなってしまうのです。

におい対策は?


せっかくダイエットをして美しい体型を手に入れても、脂肪臭で体臭がきつくなってしまっては台無しですよね。ダイエットが原因で体臭がきつくなっている場合のにおい対策は、とにかく過激なダイエットをやめて、正しい方法のダイエットを実行することです。

正しいダイエットとは、適度な有酸素運動を続けて筋力をアップし、基礎代謝を上げることです。確かに、運動を毎日続けるよりも炭水化物を食べることをやめてしまった方が楽かもしれませんが、この方法では脂肪臭で体臭がきつくなるばかりか、体調不良を引き起こすことにもなりかねません。

また、うめぼしや酢、柑橘類にはクエン酸が多く含まれていてケトン臭・脂肪臭を軽減することが期待できます。