魚の臭い
体臭が魚臭い原因は??

体臭には様々な臭いがありますが、その臭いのひとつとして魚臭いというものがあります。臭いが発せられる部分は呼気や尿、汗などということが多く、どれほどこまめに身体を洗ってもなかなか臭いが改善されずに、悩んでいる人もいるのです。

この臭いの原因、元となっているのは、トリメチルアミンという物質です。体内に取り込まれた食べ物が腸内細菌によって分解される際に発せられるトリメチルアミンというものが身体の外に排出されて、魚のような体臭になってしまうのです。

体臭が魚臭いのは何かの病気?


魚臭い体臭がする場合、魚臭症という病気の可能性があります。あまり耳慣れない魚臭症は、トリメチルアミン尿症とも呼ばれる代謝異常の病気です。魚のような生臭い体臭や卵が腐ったような体臭が特徴です。

先ほどもお話しした通り、食べたものは腸の中で腸内細菌によって分解されてトリメチルアミンという物質が発生するのですが、魚臭症だとトリメチルアミンが分解されずに身体の中に残ってしまいます。するとトリメチルアミンが血液に溶け出して体中を巡り、呼気や尿、汗などに混ざって出てきてしまうというわけです。

魚臭症には肝臓の機能が低下してなってしまうケースと、遺伝でなってしまうケースの2通りがあります。

におい対策は?


魚臭症には、痛みやかゆみなど身体的に困難になる悪影響はなく、魚臭い体臭が主な症状となります。とは言え、痛みやかゆみがなくても体臭が強いということは、人と関わって生きていく上で大きな問題だと言えます。発見されてからまだ歴史の浅い魚臭症には、はっきりとした治療法が確立されていません。

では、におい対策はどうしたらよいのでしょうか。
結論から言えば、魚臭いにおいの原因となっているトリメチルアミンをできるだけ発生させないようにすれば、臭いを軽減することができます。

卵やレバー、加工肉、ブロッコリー、甲殻類など、多くの食品にはトリメチルアミンを発生させるもととなる物質が含まれています。可能性のあるすべてのものを制限することは不可能ですので、まずは医師に相談をしてみましょう。