靴が臭い
靴と靴下の臭いを消す事って、足の臭いを消す為にも大切な事ですよね。靴に臭いが残っているだけで、足にも臭いがついていってしまいます。

今すぐ靴の臭いを消す方法


手っ取り早い方法は、靴下を脱いで履き替える。そして消臭スプレーをさっと吹きかけるのが良いですね。例えば食事の席で、靴を脱がなければいけないところ(お座敷等)などの場合は、靴の臭いが気になると思います。そういう予定のある日は、予め靴下を持っておくか、もしくはお店に入る前に、コンビニ等で靴下を買ってトイレで履き替える。こうする事で、臭いの乗り切る事が出来ます。

日頃行う靴の臭い対策


10円玉の消臭効果は?


定番の方法は10円玉を靴にいれておく、というものですね。これは銅イオンに抗菌と消臭の効果があるから、10円玉が用いられています。水などに溶け出した金属のイオンが、靴の中のニオイや水虫の原因になる細菌(バクテリア
など)の繁殖を抑えてくれるんですね。

防水スプレーを使おう


靴の内側に防水スプレーをかけておきます。そうすると、足の汗が靴に浸透しにくくなるので、靴の湿気を防ぎやすくなります。ストッキングや靴下をはく事を忘れずに!

靴の寿命を長くしよう


靴は履きつぶすまではいてしまう、男性は多いかもしれませんが、一足を毎日履き続けるよりも、3〜4足をローテーションさせて履いた方が、靴の寿命は延びます。やはり、汗が染込んだ状態の靴を、次の日もはくと、乾く間もないため、臭いもつきやすくなってしまいます。

しかし、靴を休ませる日があると、それだけダメージが軽くなるので、靴の寿命も伸び、靴の臭いも軽減されていきます。

コーヒーの神フィルター


靴箱に新聞紙などを敷いて、コーヒーを入れた後のカスを、紙フィルターごと乾燥させて、一緒にいれておくと、靴の臭いを消してくれます。乾燥剤などでもOKです。

靴を洗おう


色々方法はありますが、靴の臭いを消すには、靴を洗うのが一番です。スニーカー等は洗いやすいと思いますが、革靴は大変ですよね。洗うコツは、革用の石鹸で、靴の表面を泡で洗い、スポンジで慎重にふきとる。最後に水拭きをして、型くずれをしないように新聞紙をつめて、陰干し。

こうすると、早く乾燥して、臭いもとれやすいですよ。


靴下の臭いを消す方法


靴下の臭いを消すのには、まず汚れをしっかり落とす事が大切です。そのために靴下を洗濯する際に、「重曹」を使って下さい。重曹は、炭酸水素ナトリウムというもので、ふくらし粉〜汚れ落としとして近年の重曹ブームで話題になっているので、スーパーやドラッグストアにたいてい売っています。

使い方は、すごく簡単です。

洗濯機の中に、規定量の洗濯用粉石けんをいれます。そして、その倍の量の重曹をいれて洗濯をする。

これだけでOKです。靴下は仕事などをしている人の靴の中に長時間入れられたままですから、蒸れて雑菌が多く、強い臭いになりがちです。しかし、重曹がもつ弱アルカリ性が、靴下の汚れの酸性と中和する事で、消臭につながるんですね。

ただし、重曹が効かない場合もあります。それは、皮脂などの酸性の汚れではなくて、アルカリ性の悪臭成分などが混ざった汚れだと、重曹を使ってもアルカリ性同士なので意味が無いためご注意を。