ワキガの臭い対策としては今は、たくさんの方法が確立されていて、ワキガ対策グッズもたくさん出ています。その中でどのワキガの対策、臭いの治療を行っていくのか、自分にあった方法を選ぶためには、まずはワキガ・臭いの原因をしっかりとチェックしておく事によってワキガ対策がスムーズになっていきます。


ワキガかどうか不安な方は以下の質問にお答え下さい。
ワキガの可能性を診断します。
-
問1 : ワキ汗で白いシャツが黄色く染みる事がある。
はい いいえ
問2 : 汗はベタベタする。
はい いいえ
問3 : 耳アカがしっとりしている。
はい いいえ
問4 : 両親がどちらか、または両方がワキガ。
はい いいえ
問5 : 他人から臭いを指摘されたことがある。
はい いいえ


まず、ワキガが臭いを放ってしまうそもそもの理由は、脇の下に、細菌が増えてしまうからなのです。これは病気でもなんでもなく、わきの下に、臭いの原因となるアポクリン汗腺という、汗が出る部分があるのですがそこに汗がたまりやすく、結果として細菌が増えていってしまいます。

そして、ワキガの臭い対策方法としては主に2つの考え方があります。

1つ目の臭い対策として、自分でケアをする場合です。自分でワキガケアをする事に向いているのは年齢の若い方、女性です。若い方は成長とともに体臭が薄くなる場合もあります。女性も、ホルモンのバランスによって、体の臭いが変わりやすいです。また、臭いがそこまで強くない方の場合は、自分でケアをする事でも十分でしょう。

自分でケアをしていくには、抗菌作用のあるクリーム、石鹸で、清潔に保っていく必要があります。特にアポクリン汗腺は、脇、陰部、耳あたりにありますので、この辺をクリーム、石鹸でケアをしていく事が大切です。


おすすめワキガ対策クリーム・石鹸


久美先生久美先生

口コミなどでワキガ対策として有名な商品といえばラポマイン、クリアネオ、ノアンデの3つです。この3つは厚生労働省認可の医薬部外品として販売されており、実はこの3つの商品の主な有効成分で、殺菌作用のある成分、それから制汗作用のある成分は共通しているんですね。そのため、ワキガで悩む方はまずはこの3つを検討するのがおすすめです。



  1. クリアネオ

    コスパに優れたクリアネオ

    天然成分で作られているため、ワキガだけでなく足の臭い、スソワキガ、チチガなど臭いが気になるところに安心して使えます。内容量も30gとラポマインより多いため、コスパに優れていますね。クリームは硬めで、汗をかいても落ちにくいです。

    香料添加物アレルギーパッチテスト他の部位への使用天然植物エキスの種類
    無添加足、すそが、ちちが7種類(保湿成分など)

    クリアネオはこちら

    クリアネオの口コミ


  2. ラポマイン

    敏感肌の方におすすめのラポマイン

    ラポマインの特色は、ワキガ対策はもちろんの事、保湿成分がたっぷり入っている事が一番の特色ですね。容量は24gでクリームは軟らかめです。ワキが乾燥してかいてボロボロになってしまうと、皮脂がより分泌されてワキガ臭が強くなってしまいがちです。敏感肌の方はラポマインをおすすめします。

    香料添加物アレルギーパッチテスト他の部位への使用天然植物エキスの種類
    無添加足、すそが、ちちが21種類(保湿成分など)

    ラポマインの口コミ


  3. ノアンデ

    持続力があるノアンデ

    ノアンデの特徴は消臭効果に持続力がある、という点ですね。クリームの軟らかさはクリアネオと、ラポマインの間ぐらいなのがノアンデです。クリームが汗で落ちにくいため、もちろん個人差はありますが、朝シャワーをあびて、ノアンデを塗ると夜まで持つというのは、嬉しいですね。

    香料添加物アレルギーパッチテスト他の部位への使用天然植物エキスの種類
    無添加足、すそが、ちちが10種類(保湿成分など)

ワキガクリームの人気ランキングはこちらです。

他の方法としては?


対策として、昔から有名な方法としては、アルコール消毒やミョウバンの利用ですね。
また、最近のデオドラントスプレーは、銀イオンで殺菌するものなどもあったり、汗そのものを抑えるものも増えています。
これらのアイテムは効果が短いため根本的な対策とはなりませんが、毎日のケアにはクリームや石鹸を使い、
出先で臭いが気になるときに、スプレーを併用するという使い方が一般的ですね。


子供のワキガ対策


子供へのワキガ対策をするにあたって、気をつけてあげたいところは、まず成長過程において、体臭も一緒に変わっていく、という事です。ご両親、お二方ともワキガの場合は、子供もワキガとなっている確率は非常に高いため、ワキガクリームを使用したり、または、手術をするというのも選択肢の一つです。ですが、成長していくにつれて、ホルモンの分泌、汗の分泌もかわっていくため、手術をしても数年で再発してしまうというケースももちろんあります。

そのため、子供が小さい時と大きくなってからでは、対策を変えていくのがおすすめです。


インナー、下着、シャツなど


また対策としてよく使われているのが消臭効果のあるインナーや下着、シャツなどですよね。ですが、洗濯をしてもなかなか臭いが落ちない、というお悩みも。消臭下着の選び方から、洗濯で臭いを落とす方法まで解説を行っていきます。

食事による体質改善


すぐにワキガ臭をとる、という事は難しいのですが、しかし食生活を改善していく事によって、「汗の質」をかえて、ワキガ臭を軽減していくこともできます。極端な事をいえば、欧米圏の食生活をひかえて、和食中心の食生活にしていくのです。

どうしても臭いをきつくする原因には動物性脂肪が関係していきます。汗でもあぶらっぽさを放つのは、肉や乳製品の動物性脂肪が臭いの原因となっているのです。これをひかえるようにしていくと、あぶらっぽい汗が、サラサラとした汗になって、臭いが軽減されます。


ワキガで悩んでいる方への心のケア


ワキガの悩みというのは、すごくデリケートなもので、辛くて、うつ状態になってしまう方も少なくありません。
精神的なダメージというのは、当事者でないとわからないものです。
臭いの問題とは病気でもなんでもなく、体質により臭いが強く出てしまうのですが、それでも、そのせいで友達が減ったり、
周りの反応が、避けようとしてくると、社会から拒絶されたような気持ちになっていってしまいます。
臭いが原因で人前に出ることも辛くなり、コミュニケーションをとる事さえも、嫌になってしまうほどワキガの問題は深刻なのです。

もし、あなたの友達、子供、旦那さん、奥さん、彼氏、彼女が、ワキガだった場合は
この心のケアの対応もしっかり考えながら、ワキガ対策を一緒に考えてみてくださいね。


病院でのワキガ治療の方法

病院
次は自分ではなく、専門医に見てもらう場合の、ワキガ対策、治療の解説しますね。
上記でも説明した通り、ワキガは、アポクリン汗腺から分泌される汗が原因となって、細菌が増えて強い臭いを放ってしまいます。

病院での治療の場合は、このアポクリン汗腺を除去する手術を行う方法が一般的ですが、他にも薬品を注入して汗の分泌を止めてしまうという治療方法もあります。
これは、ボトックス注射というもので、多汗症で悩んでいる方にも用いられる治療方法ですね。
ですが、臭いが強い方には、ボトックス注射の効果は薄いため、手術になるケースも少なくありません。


ワキガ治療の手術


ワキガ治療の手術はどんな感じ?
臭いが強い方に、効果のあるものが、手術です。確実性が高いですが、実際にワキガの状態、体質によっても、方法は違ってきます。
アポクリン汗腺を切除する方法は、昔は多かったのですが、しかしワキガが再発してしまったという方も少なくありません。

そのため、最近では、皮膚をきって、アポクリン汗腺と皮脂腺を切除する方法や、吸引方法といって、汗腺を吸いとってしまうもの、
超音波を使って、汗腺を壊すという方法もあります。

ワキガ手術といっても、これだけあるので、病院選びは慎重に行う必要があります。
体験談や、口コミ情報などもチェックしておきましょう。


ワキガ治療を行う病院の選び方


ワキガ治療の病院で受けようと思っても、どういう病院が自分にいいのか、わからない方も多いと思います。
そのため、病院を選ぶコツを解説しておきます。

まずは、病院でワキガ治療の実績がどれぐらいあるのか、を基準にしてください。
やはり実績が多ければ多いほど、手術の経験がある病院なので、あなたに合う治療方法、手術方法を考えてくれます。
それから、どんな手術を行うのか、そして手術した後のフォローがあるのか、再発する可能性について、料金などをチェックしておきましょう。

特に、料金についての説明がわかりやすいところだと安心できますね。ワキガの程度が重い場合は、保険適用になるケースもあります。
このあたりについても丁寧に説明してくれる病院だと安心してワキガの治療を任せられますよね。

スソガ(スソわきが)対策について

スソガが気になる
アポクリン腺は、他にも陰部にも多くあり、そこからの臭いが気になってしまう方も多いと思います。
スソガの臭いを消すための、治療方法、対策クリームなどはこちらで解説を行います。


足の臭い対策について


スソガと同じく、足にもアポクリン腺はあります。特に足の臭いというのは、靴、靴下、ブーツなどから強烈に臭いが出てくることがありますのでしっかり消臭したいところですよね。足の臭い対策についてはこちらで解説を行います。

もしかしたら多汗症かもしれない?


ワキガに悩む方の場合、大量の汗をかいてしまう、多汗症も一緒になっている事が多々あります。
汗もまた、人に不快に思われるのでは、と不安になってしまう原因の一つですよね。チェックの仕方など解説を行っていきます。